同窓会からのfacebook不倫を自分もまさかの体験

“facebookに登録してからかなり時間が経ちますが、自分のプロフィールや投稿した中身は友達にならないと見れない仕様にしているので、友達も当然ながら全員顔見知りのみでした。

30代を超えると新しい出会いというものもほとんどないので、一定数まで増えた友達の数も、もうめったなことでは新たな友達申請も無いという状況が続いていました。

でも自分としては、そんな頻繁に投稿するわけでもなく、友達のタイムラインを見てたまに「いいね」やコメントを残すぐらいだったのですが、それで十分だという思いもありました。

そんなときに高校時代の友人から同窓会の連絡がありました。

私の出身は関西なのですが、大学で東京に出てしまい、そのまま就職もしたので、地元の情報というものはほぼ高校卒業以来入ってこない状態だったので、懐かしいという気持ちと、ちょうどお盆で実家に帰る予定もあったので参加することにしました。

自分を誘った友人からは当日の集合場所と時間が来ただけで、誰が来るのかもさっぱりわかりませんでした。

後で聞いたところ、事前に参加者がわかってしまうと、それで来る来ないと言い出す人がいるので、それを避けるための方法だということでした。

1学年300人弱の高校だったのですが、参加者は60名ほどでした。

1次会もホテルの宴会場というようなかしこまった感じではなく、居酒屋を貸切にしてという感じのかなりラフな同窓会でした。

ほとんど会う人間が高校卒業以来で約20年ぶりの再会ということで、とても懐かしく話も盛り上がったのですが、その中で自分も気になる女性が一人いました。

彼女は高校時代に1か月ぐらい短い期間付き合っていた彼女でした。

別れ方が自分的には男らしくなかったということだけは覚えていたので、20年経っていまさら謝るとかではないけれども、少し話はしたいなと思っていました。

それでも、席が基本4人掛けのテーブルだったので、なかなか2人だけで話せるという状況でもなく、会の終わり間際に本当にあいさつ程度に少し話をしただけでした。

ただ、自分としてはあいさつ程度でも話ができたことに満足して、数日後に東京に戻りました。

すると東京に戻ってすぐにfacebookでその彼女から友達申請がきていました。

承認をして、「よく見つけられたね」と言うと、お互いの共通の友人から自分がfacebookをやっていることを聞いたということでした。

同窓会のときにもっと話す時間があれば、LINEの交換をできたかもしれないけど、そんな時間もなかったのでfacebookにしたということでした。

そこからメッセンジャーでのやり取りがはじまり、高校卒業してからそれまでの約20年弱のいろいろな話を彼女から聞くことができました。

話を聞くと彼女は2年前に離婚して1児のシングルマザーということでした。

自分もその段階ではとくに隠し立てすることもないので、既婚で2人の子持ちの父親と言うことをいいました。

けっこうたわいないやり取りが数か月にわたって続いたのですが、やり取り自体も毎日している訳でもなく、自分としても楽しいし、いい距離感だなと思っていました。

そんなやり取りが続いて、年末を迎えることになりました。

自分も年末には実家に帰ることは言っていたので、そのことを彼女に告げると、何人か友達を呼ぶのでプチ同窓会をしようということになりました。

そのときは妻との関係も少しぎくしゃくしていて、実家にも自分一人で帰ることになっていたので、羽根を少し伸ばそうかなというぐらいの気持ちでした。

当日待ち合わせ場所に行くと彼女しかいません。他に2人呼んでいたようですが、急遽これなくなってしまったということでした。

自分としてはその2人は特別仲がいい相手でもなかったので、彼女と2人で飲めるということの方が嬉しかったことを覚えています。

結局その日は飲み屋でかなり長い時間2人で飲み、高校時代の話もすれば、今の仕事や家庭の状況など様々な話をしました。

どんな話でも笑顔で聞いてくれる彼女を見て、そういえば昔もそうだったと思い出し、なんで自分はあのとき彼女をふってしまったのだろう。

ということをずっと頭の中で考えたりしていました。

結局店を出て電車で帰るために駅に向かったのですが、並んで歩いているとすごく距離感も近く、いつの間にか自然と彼女の手を握っていました。

彼女の手を握ってすぐ彼女も立ち止まって自分のほうを見てきました。

そのときに自分は自然と彼女にキスをしていました。

彼女もそれを受け入れましたが、さすがに人前ではまずいということで離れましたが、一度火のついた気持ちを抑えることはできず、目についたホテルに直行しました。

エッチ自体の感想はあまり覚えていないのですが、高校時代の元カノとエッチをしているということが、不倫をしているという感覚ではない、なにか不思議な感覚になっていました。

結局その日は彼女も泊まれるということだったので、一緒に朝までいました。

朝起きてまたエッチをして、それからホテルを出て電車で2人で地元まで帰りました。

地元の駅で2人で昼前にいるのは怪しすぎるという話で、彼女は一つ手前の駅でおりることにしました。

帰り間際に、彼女からの一言は「昨日のことは忘れてね」でした。

その言葉を聞いたときは、自分でもどう頭を整理していいかわからなかったのですが、実家で冷静になって考えると、彼女からすれば自分は既婚だし、遠距離ということで、これ以上深みにはまるのはよくないと思ったのではと思いました。

そう思って、自分からも彼女には連絡を入れないようにしていますが、それから3年経った今も実家に戻ると、彼女に連絡したい自分がいて、その気持ちを抑えるのに大変なのですが、彼女の電話番号を消せない女々しい自分がいます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です